いつどこで遭遇するかわからない交通事故で、
もしも警察を呼ばなかったら、後々辛いことになる可能性があります。
一番心配するべきことは、後に怪我などが発覚したときのことです。
自分か相手か、どちらに過失があるにせよ、
警察を呼ぶことで、それがはっきりとします。
なにより、交通事故が起きたことを証明できるのです。
しかし、どのような理由でも警察を呼ばなかったらば、交通事故自体が認められません。
そうなると、警察を呼んだときに、
もらえるはずだった「交通事故証明書」も受け取る事ができません。
後に怪我などが発覚したときに、事故当時は大したことがないからそのままで済ませたけれども、
治療をしなければいけないならば、相手に治療費と慰謝料を請求したい、と思っても出来ないのです。
交通事故で生じた怪我というのは、首などにダメージが及べば、
一生後遺症が残る危険性があります。
また、人だけでなく車のこともあります。
事故が起きたのですから、車体にはそれなりの損害が出ています。
そうなれば、修理をして多額の出費が必要となります。
このように後から治療費や修理費を補償してもらうために、
自動車保険を利用しようとしても、保険金をもらう手続きが出来ないのです。

その場で警察を呼ばなかったとしても、事故の当事者が警察に行けば、
事故の届け出を受け付けてくれる可能性があります。
無論、あまりに日数が経ちすぎると、実況見分が出来ませんから、
届けを断られるので、できるだけ早く警察に行くことです。